Home > nocategory > 夏真っ盛りの危険とは

夏真っ盛りの危険とは

7月 25th, 2014

連日暑い日々が続き日本列島は真夏日和が続いている。
岐阜県では今年最高気温39度を観測するなど、夏の暑さが本格的になってきた。

日本には四季があるため、暑い時期と寒い時期の寒暖差が激しい。

海外南半球にある国々はいつも常夏の地域もある。
暑さばかり気にしてていて、水分補給をおこたらない様にしなければならない。


こう毎日暑いと部屋のクーラーの温度設定にもきおつけなくてはならない。

あまり低く温度を設定しても、身体に悪いし、高すぎてもいけない。

28度が最適な温度であると一般的に、言われているが果たして本当なのかと疑う。

自室を28度で設定していても、湿気が充満している部屋では除湿のほうがとても涼しく感じる。

脱水症状には充満きおつけよう。

nocategory

Comments are closed.