Home > nocategory > 久しぶりに「今夜も生でさだまさし」を見た

久しぶりに「今夜も生でさだまさし」を見た

7月 28th, 2014

土曜日の夜中12時過ぎからテレビを見るのは、
だんだんキツクなってきたけど、最近、暑さのせいか早く寝れなくなってきているようだ。

さだまさし一人で、1時間半しゃべり続けている。
ハガキを読むだけなのに、どうして皆、おもしろがるのだろう。

確かに不思議だ。

時々、説教じみたことを何分も話す。


「こんなことをテレビで言ってもいいのだろうか」
「一個人の意見を長々と話していいのだろうか」
「集まったお客さんは白けていないだろうか」
とヒヤヒヤすることもある。

毎回、そんな気分になる時間が数分あることで、全体的にバランスをとれているのかもしれない。
とりとめがないのだけれど、やっぱり最後まで面白く観てしまう。

1時間半、飽きさせないって、やっぱすごい。
だから「さだまさし研究会」なんてのができるのだろう。

nocategory

Comments are closed.